HMBゴルフアカデミー

話題のゴルフ理論

こんばんは、HMBゴルフアカデミーの坂詰です音譜

今、流行りのゴルフ理論

「スタック&ティルト」  (stack and tⅰlt) 理論について

タイガーの活躍で話題のスイング理論

スタック ・・・ その場にとどまる

ティルト ・・・ 傾き

左軸にし、その場にとどまるという意味です。

手順はこうなるらしい、

1) アドレス

55・45で左足体重

肩が腰の上に乗るイメージで構える

2) バックスイング

背骨の傾きに対して直角に肩を回転させる

トップで体重をさらに左足に乗せる

そのため右足は伸びて良しとする。リバースピボット気味になるがOKとする

3) ダウンスイング

腰を左にスライドさせ背骨を右に傾ける

頭は動かさない

立ち上がるようにし、腰をリリースして回転

インパクトで肩をスクウェアにする

4)フィニッシュ

腰をさらにスライドさせて背骨を伸ばす

90%の体重を左足に移動

右サイドのお尻でさらに押し込む

・・・という理論です。

簡単に言いますと、

左一軸回転にすることで、通常1.5秒かかるスイング時間が短縮することで最短でなおかつ

ミート率が上がるという訳です。

賛否両論であるみたいですが、話だけ聞いてみると理にはかなっているとも思う。

あえてタイガーの場合で言わせてもらえば、

先生が変わって、理論が変わったとしても何勝もできると思うんですよね~(^~^)

みなさんに薦めはしませんが・・・

今、とにかく話題のスイング理論を紹介しましたビックリマーク

くわしくはHMBに聞きに来てくださいね音譜

ゴルフの事ならHMBゴルフアカデミー

コメントを残す

アクセス

Access

HMBゴルフアカデミー
〒192-0082 東京都八王子市東町10-3 2F コメダ珈琲店の上
■営業時間 【平日・土】10:00~21:30  【日】9:00~20:00(定休日:火曜)
●JR八王子駅北口より徒歩3分 ●京王八王子駅より徒歩5分

お問い合わせ

Contact

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

電話をかける体験レッスンお申し込みアクセス